【Amazon物販】国内メーカでも商品削除される場合があるので注意

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

今回は国内メーカーでも商品削除される場合があるということについてお話いたします。

その前にとても役立つ動画についてのご紹介です。

興味をお持ちの方は本日終了となりますので本日中にど登録を!!

——————————————————————
こちらの案件は本日で終了です。

https://bit.ly/2FlHnPQ

私も動画を見ていますが
メーカーリサーチを劇的に楽に行う
必殺ツールについても話されていて
それについても興味があります!!

本日で見れなくなるので
登録して見たほうが役立っていいと思います。

https://bit.ly/2FlHnPQ
———————————————————————

海外メーカーの商標権なしの商品を見つけた場合

さて本日は国内メーカーでも商品削除される場合があるので注意についてお話させて頂きます。

以前少し話したかもしれませんが海外メーカー取引をする上で一番大事なのは商標権です。

うっかり海外メーカーだと日本での商標申請をしておらず登録されていないことがたまにあるので
ここを商標ヤクザ的な人に狙われると大変です。。

私もメーカー取引を始めてとても早い段階で色んな目にあいました、、

今考えるといい経験ですがww

「この海外メーカー、商標登録されてないじゃん・・・」

こういった事態に下記のようなサイトをもとに気付いた場合は

商標検索サイト
https://bit.ly/1EE0TiU

日本での商標登録がされていないからすぐにした方がいいよ、私も手伝うし。

などをメーカー側に伝えると丁寧で印象が良いです。

コンサル生の中にはこういったことをもとにメーカーから優遇してもらったり価格を自分だけ安くしてもらったり中には独占販売しないか?とメーカーから逆オファーされる方もいます。

(今日実際ありました)

国内メーカーの商品を扱う上での唯一の注意点

一方国内メーカーは商標権などの心配はほぼほぼありません。

どのメーカーも普通にしっかり取得しています。

国内メーカーは本当に初心者の方でも取り組み易く魅力的なものだと私も感じていますが

唯一注意点があるとしたら・・・

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この商品は感染症やウイルスに関する診断、治癒、緩和、治療、改善、向上または予防等の効能効果を標ぼうする商品として検出されました。医薬品または医療機器的な効能効果の広告や誇大な広告を行うことは、医薬品医療機器等法や健康増進法、景表法に抵触する可能性があります。 Amazonでは、このような商品の販売および販売するための掲載を禁止しております。必ず各種法令および規約に基づき、商品詳細ページ(商品タイトル、商品紹介コンテンツを含む説明文、商品画像等)を確認し、出品者様ご自身にて問題個所を特定、修正いただくようお願いいたします。
なお商品パッケージや包装において効能効果が標ぼうされている場合は、商品の販売をお断りすることがございます。また今回お知らせした以外の効能効果を標ぼうしている場合も、併せて修正をお願いいたします。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

このようなところですね、、

商品を削除される可能性があるので対策が必要

これが最近厳しくなってきているようです。。

自分でどこまで細かく商品ページをチェックしていいか分からないですしAmazonが今後どこまで対応してくるか微妙ですが

こういった内容のメールがAmazonから来て商品削除された方もいるので十分注意してください、

注意のしようがない部分もありますが。

もし国内メーカー商品で上記に当てはまりそうな感じがしたらサブアカ販売の方がアカウントリスク的にも良さそうです。

また商品削除された場合はヤフオクで販売するなどの工夫が必要ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

滅多に起きることではないと今のところ感じますが事前に頭に入れておくと、また違うと思ったので

今回シェアさせて頂きました^^







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です