メーカー仕入れの取引判断基準は

こんばんは、中村裕紀です。

国内、海外問わず
正しい手順で作業し
メーカーにメールをすると
取引成約できるところが必ずあります。

そこで問題となってくるのが
どのくらいの売上や利益を見込めたら
そのメーカーと取引するか、ということです。

最終的には
購入するメーカーを絞ったり
あるカテゴリーに特化し差別化を図る

ほうが
ゆくゆくライバルが来ることを見越すと
自分が優位に立てるので良いと思います。

ただメーカー取引を始めた頃に
上記の戦法を取ろうとすると
リサーチ対象のメーカーが少なくなり
利益が思うように伸びない傾向にあります。。

最初のうちは
例え利益率8%とか10%前後でも
利益が出るなら
どんなメーカーでもガンガン取引した方がいいです。

利益よりどちらかというと
売上をベースに置いて考えた方が
いずれグッと利益が上がってきます。

私もメーカー取引を始めた当初は
低利益率でも利益が少しでも出るなら取引していましたし

(初回のテスト販売時は利益トントンかちょい赤字でも買っていました)

そうすることで知識も経験も貯まります。

で、ガンガンやって
ある程度の感覚
そして取引するメーカーが増えたら

1ヵ月で
利益が1万円以上いかないメーカーは取引をやめる

だったり
ドンドン取引するメーカーの
基準を高めていけばいいのかなと思います。

それからもっともっと
自分の利益が上がり
取引するメーカーが増えたら

1ヵ月で
利益が10万円以上いかないメーカーは取引をやめる

などの判断基準を設ければいいと思います。

誰しも使える資金には上限があるので
こういった取引する判断基準はもって
メーカーさんと付き合った方がいいと考えるのと

判断基準をもたないと
時間的にも足りなくなってしまうので
(人を雇ったりすれば別ですが)

この辺は大事なところだと。

ちなみに私のコンサル生には
2回目のリピート仕入れで
1ヵ月あたりの利益が1万円以上いかないメーカーさんは
いずれ安定的な収入がある程度築けたら
取引をやめてもいいと思います、と伝えております。

もしよければご参考ください^^

PS

12/4-12/10の7日間にわたり
海外・国内メーカーに特化した
個別コンサルティングの募集を行います。

責任と自信をもって提供する
唯一の個別対応のサポートサービスです。
(成果保証あり)

7月に個別コンサルの募集をして以来
約5ヵ月ぶりの募集なので
もし興味のある方は、このメルマガをご確認ください。

セミナーと説明会、相談会も兼ねたご案内を考えております。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です