【Amazonビジネス】メーカー仕入れの際のお悩みに答えます

こんばんは、Amazonビジネスコンサルタントの中村裕紀です。

札幌に到着しました!

明日は竹内亮介さんのIBCです^^

月利200万円以上が今や普通のコミュニティーなので自分もしっかり学び、実践しようと思います!

今日は今から
http://bit.ly/1iCz29M
http://bit.ly/2fPshYB

こちらに行ってきます!!

食にはうとい私ですが北海道唯一のミシュラン3つ星獲得寿司店

ということでかなり期待値が高いです(笑)

皆んなに会えるのも楽しみですね!

あと昨日読者さんよりメーカー仕入れについてのご質問を頂きました

(一部修正を加えております)

メーカー仕入れに悩む読書の方から頂いたご質問

————————————————–
こんにちは。いつも読ませて頂いております。

今日はちょっとご相談させてください。

中村さんのセミナーを視聴して、メーカーにメールしたら価格表をくれました!

それで、電話できますか?と言われました。

電話は良いのですが、直送は出来ない、、と言われました。

まだ価格表を精査してませんので、どれくらいの利益率かはなんとも言えないのですが、

直送するのとしないのは、どれくらい重要かを伺えれば、と思いメールしました。

1:
送料入れても充分利益でます→即仕入れる

これは仕入れるべき、ですよね?

2:
送料入れてもまぁまぁ利益が出ます

此の場合、直送しないと品物なくなるリスクと手間が価格の上に乗ります。

それでもメーカー仕入れはすべき!と考えますか?

それとも次のメーカーを探す方が良いと考えますか?

ロットが大きくなれば交渉の余地もあるでしょうか?

メーカーは○○の○○会社です。

よろしくお願いいたします。
————————————————–

上記の質問に対しての、私の回答は下記です。

メーカー仕入れすべき利益率の範囲は?

————————————————–
〇〇様

ご連絡ありがとうございます!

まず利益が出るかをしっかり計算して利益が出て利益率も〇〇様の許せる範囲であれば、買っていいと思います^^
(直送できないということなので、代行会社の送料や手数料を考えた上で)

日本に直送できないメーカーもあり私もそういうメーカーを買って差別化を図ったりしているので直送できないことは特に問題ないと思います。

ただ臼倉様が言う通り品物がなくなったり、壊れたり手間が掛かったりとデメリットもあるので、そこはご自身で判断して仕入を行ってください。

ロットが大きくなれば当然交渉の余地はあります。

以上ご参考ください。

よろしくお願いいたします!

中村
————————————————–

利益がでないメーカーでもやり方次第で利益がでるかもしれないですよ

日本へ直送できないメーカーはメーカー取引をしていると、わりとあるケースなので

そこをどう解決できるかがポイントですね^^

利益が出ないメーカーも送料次第では利益の出るメーカーに変わります。

あと私のセミナーを視聴して・・・

というのは、コレのことです!

—————————————————–

第1章:http://bit.ly/2f77MDP

第2章・第3章:http://bit.ly/2ttRGj3

第4章:第5章:http://bit.ly/2gq0iBD

第6章:http://bit.ly/2eNikfT


まとめ

私の読者さんはほぼほぼ見た方が多いと思いますが

まだ見ていない方は見てください^^

自分的にも自信のあるセミナー動画ですw

画面が曲がっていることだけ、ご了承ください。。

 

★こちらの記事もオススメです。

amazonのメーカー仕入れはメールの数量をとにかく増やすだけではダメですよ

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です