無料のプレゼントは本日まで

こんばんは、中村裕紀です。

 
———————————————
昨日紹介した
下記の案件ですが
大好評実施中となります!!!

 
http://bit.ly/2wHVImW

 
大変多くの方にご登録頂いています!!
ご登録して頂いた方ありがとうございます!!!!!

私からのプレゼントも
ぜひ期待していてくださいね^^

 
私からのプレゼントを
受け取りたい人はこちら。

http://bit.ly/2xNY0RF

本日9/7の23:59までに
ご登録の方を対象といたします。
————————————————

 
さて本日は
こちらの話の続きを。

http://bit.ly/2vJvor9

 
低利益率を改善できる方法としては
簡単にできる順で

1:お金をかける
2:配送方法を工夫する
3:信頼関係を構築する

があると考えます。

 
これの

2:配送方法を工夫する

をお話させて頂きます!

 
お金をかけることで
低利益率を改善させることは
誰でも1度は考え得ることでしょう。

 
まあでも
資金があってもできる勇気がなかったり
そもそも交渉していない方もいるので

そういった方は
今後の展開として試してもいいかもです。

 
ただ今日の話はちょっと違っていて
相手(海外代理店やメーカー)からの配送方法を変えるだけで
低利益が改善され、利益が実際に出ることがあるんですね。

それをお話いたします。

 
 
配送方法を変えることで
利益を出すテクニックの一つ目。

 
それは
「相手に安い配送方法はないか聞く」
これだけですw

(まだまだテクニックはあるのですが今日は一つだけ話します。あと二つぐらいあるので、それはおって^^)

 
あなたは多分海外の代理店や
メーカーと直接やり取りしている方だと思います。

もし仮に相手が日本へ直送する場合は
その手段が一つしかないと思い込んでいませんか?

もっと安い配送方法があるかもと疑っていますか?

 
これは最近私も経験があるのですが
最初は既存の配送方法の料金を提示されると思います。

 
でもそれが高いと感じた場合は

もっと安い配送方法はないですか?
これでは利益が出ません。。

と正直に相手に伝えるようにしましょう。

 
そうすることで
格安なマイナー配送業者を案内されたり
じゃあ船便にしてみる?みたいな提案もあります。

この提案を飲み
低利益率が改善されたら面白いですよね!

実際にこういったケースはありますので。

 
もしあなたが相手の配送方法は一つしかない
と決めつけているなら、それはちょっと違うので
今回のように相手に聞いてみてください。

全部が全部じゃないですが
もし安い配送方法を提示されたら、ラッキーですよね^^

もうそれだけで差別化できます!!

 
 
聞くか聞かないかだけなので
もしよければ試してみてください!!!
 
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

今までずっとMacのノートパソコンで
仕事をしていたのですが
マウスコンピューターのデスクトップを買いました!

マウスコンピューター
http://bit.ly/29MAGZG

友人からコスパ良し!!!
と聞いていたので楽しみです^^

もちろんデュアルモニターでやりますw
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP