その5社のメーカーは宝物ですよ

こんばんは、中村裕紀です。

 
昨日は物販差別化塾の
HIRAIさんのセミナーを受講してきました!

なんというか
もう1つのことを確立されていて
やっぱすごいなーと思いました^^

 
一番参考になった点は
物販にも情報発信を取り入れている点です。

ん・・・?
と思う方も多いと思いますが
次のステップへ進む段階にきている方は分かるはずです。

私はまだまだですが
1歩ずつ進んで行こうと思います!

 
お会いした方々、本当にありがとうございました!!!

勉強になりました!!

 
 
あとセミナー終わりの懇親会でも
色々な方とお話させて頂いたのですが

ある一人の方が
「まだメーカーは5社しか持っていないです、、」
みたいな話をされていました。

 
で、それを聞いた時の私の回答が
「その5社のメーカーは宝物ですよ^^」
という感じです。

 
なぜその
5社のメーカーが宝物かというと

その5社のメーカー商品を扱っているセラーは
メーカー取引を行なっている有力セラー
ということになるので

5社のメーカー商品を扱っている
全セラーをリサーチすれば、きっと次のメーカーも見つかるからです。

 
そして次のメーカーが見つかったら
そのメーカーを扱っている全セラーをリサーチして
次のメーカーを探せば良いだけです。

その繰り返しを行えば
必ずメーカー取引をしているセラーの輪の中に入れるので
扱うメーカー数も増え、利益も次第に増してきます。

(ここでこの考えを、じゃあみんな同じことして薄利になるからやめとこう、、みたいな感じだとAmazonでは稼げないので、そこは違うと断言できます。そうならないように工夫するか、メーカーが勝手に敷居を高くしてくれたりしますし、本気でやっている人は一握りです、だから全然利益出ます。)

 
 
注意点としては
全てのセラーがメーカー商品ばかりをやっている人ではなく

例えば

欧米の並行輸入品
中国の単純転売商品
自社ブランド品(OEM)
国内のせどり商品

などなど
混ぜて販売している方もいるので

上記のような商品を派生させてしまったら
メーカー取引商品ではなく、
違った方向にリサーチが進んでしまいます。。

こうなると
効率の良いリサーチはできなくなるので
気を付けなければなりません。

 
まあでも経験を積めば
なんとなく感覚的にどれがメーカー品で
どれがメーカー品でないかは、理解できるようになります^^

たくさんの商品を見る行動が最初は必要ですね。

慣れれば大丈夫です、きっと
各商品のカラーが違うので見れば分かります。

 
 
変な話1社もメーカー商品を知らない方は
時間を費やし、メールを送りまくってまず1社を取るか

もしくは
仕入先リストを買う、
コンサルを受けてメーカー商品を教えてもらう

などの行動が必要かと思いますが
5社も持っていれば、ガンガン行けると思います!

 
だって多分
何十人ものメーカー商品を扱っているセラーのリストが手元にあるはずだから。

 
 
考え方次第で
5社の重みが異なってくるので
ぜひそこを意識して、稼いでもらいたいなーと思いました^^
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP