メーカー取引に契約書は必要か?

こんばんは、中村裕紀です。

本日は
メーカー取引に契約書は必要か?
についてお話しいたします!

結論から言うと
細かな契約書は必要ありません。

(顧客情報を入力したり、とても簡単な書類にサインということはありますが、厳密な契約書という部類のものは少ない気がします)

独占契約に至る過程での契約書や
(ここはそこまで詳しくないですが)
自分だけ特別対応してもらった時などは

契約書の内容を詰めたりと
契約が必要になったりしますが

普段は特別必要ありません。

それは
海外メーカーでも言えますし
国内メーカーでも同じです。

私が現在取り扱っているメーカーも
契約書を交わしていないところも多いです。

なので、
メーカー取引を開始するにしても
最初の段階から契約書どうしよう、、

など考える心配はないかと思います^^

また契約書を出されたからと言って
すぐにサインすべきものでもないので、

そこは契約書の内容をよく読み
自分の不利益にならないことを確認し

責任が持てるのであれば、
長期的な付き合いを見越し、サインすればよいと思います。

とにかくまずメーカーにメールを送る!!!

こちらの行動を優先してもらえれば、と思います^^







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です