ついに来たか、自社出荷プライム表記・・・

こんばんは、中村裕紀です。
——————————————

HIRAIさんのレポートが大好評です!

http://bit.ly/2eZ8Xsb

あなたも是非ダウンロードしてください。

——————————————

さて本日ですが

「Amazonの自社出荷プライム表記」

についてのお話をします。
来るか来るか
と思っていましたが

ついに来ましたね、、
自社出荷でのプライム表記・・・
簡単に説明すると
FBA納品していないのに

プライムの文字が付き
FBA納品した状態と同じになることですね。

こんな感じで
http://bit.ly/2fAw1eZ

普通プライムの文字がつくのは
FBA納品した出品者だけですよね。
普通はコレです
http://bit.ly/2eUMyJm
右のところに
AMZON.CO.JP配送センターから発送されます
と記載があります。

この機能は
ある一定の条件を満たしている
自社出荷の出品者は使えるようです!

(自社出荷に強いコンサル生から教えてもらいました)

なぜ
自社出荷プライムがついに来たか、、

と思ったかというと
自社出荷プライムの出品者が
普通にFBA納品しているセラーと同じ状態になり

カートを取られてしまう・・
そんな可能性があるからです。
実際私の商品は
FBA納品しているにも関わらず

自社出荷プライムの出品者が、
本日カートを取っておりました。。

そして
AmazonのFBA送料や手数料を
考えても

自社出荷プライムの方が
諸々含めて安く抑えれる方もいると思いますし

ちょっとした裏技を使えば
もっと自社出荷送料を安くすることも可能です。
そうなると
普通にFBA納品していたら
自社出荷プライムセラーにかなわないかもしれません。

まあそこまで
危険視する必要もないと思いますが

初めて自分の商品のカートを
自社出荷プライムセラーが取っていたので

少し驚いて今日の記事を書きました^^

あなたのご参考になれば幸いです。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です