Amazonアカウント最短復活法、セミナーを行ってきました!

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
先日土曜日に
HIRAIさんの差別化物販戦略塾
にてセミナーを行ってきました!
 
 
内容は簡単に言うと
 
Amazonアカウント最短復活法と
紐付きのないサブアカウントを生かした
中、上級者向きのメーカー取引についてです。
 
 
以前もお話しましたが
Amazon輸入転売で利益を出すための
スキルは以下の4つだと考えています。
 
(これは私も以前から教わり、ずっと意識し実行していることです)
 
 
 
—————————————————–
 
・仕入力(リサーチ力、これをやれば稼げるという感覚)
 
・資金(現金、クレジットカードの限度額)
 
・配送回り(FBA倉庫までの送料、配送回りの外注化)
 
・アカウント対策(アカウント閉鎖時のリスク対応、売上確保)
 
——————————————————-
 
 
 
特に最近
 
・アカウント対策(アカウント閉鎖時のリスク対応、売上確保)
 
このことが非常に重要な位置を占めています。
 
 
しっかりしたものを販売していても、アカウントが止まる時代です。
 
 
そんな中いかにリスクを考え
対応し、行動を起こすか、が大切です。
 
 
 
アカウントについては
 
・住所 
・名前 
・電話番号
・銀行口座 
・クレジットカード
・パソコン 
・ネット環境
 
この全てを
Amazonアカウント閉鎖時のものと
変えれば問題ない、ということですが
 
 
どこまでがOKで
どこからが紐付くのか?
 
という線引きが難しいかと思います。
 
 
 
私の場合も
この線引きに悩まされていましたが、、
 
自分もコンサルティングを行っている立場として
数々の実験と試行錯誤を積み重ね
 
(この実験はアカウントが止まる可能性もあったので、とても怖かったです、、)
 
今の段階では「これなら大丈夫!」
というラインを見つけました。
 
 
また売上を確保するためにも
紐付きのないサブアカウントを持つことは
非常に意味のあることです。
 
 
昨年末、商品を納品したいのに
 
ストレージが足りなくてできない、、
一番の売り時に売れない、、
 
そんな経験をしました。
 
 
あと単価の安いガンガン回る
商品を大量に買った際なんかは
ストレージの2000なんてすぐ埋まります。
 
もちろん売った数量に反映され
ストレージの量は増えますが
それを待つことが難しいケースもありますよね。
 
 
なので、売上の確保のためにも
紐付きのないサブアカウントを持つことは
今後Amazon転売で稼ぐ上で必須です。
 
 
 
最後にAmazonの業務を
外注さんやパートナーに任せる際は
 
 
ユーザー権限の設定
http://amzn.to/1K4zbiW
 
 
こちらを必ず行ってください。
 
 
例えば外注さんが自分以外の誰かの
Amazonアカウントを管理していて
その方のアカウントが止まった、、
 
なんて際も
自分のアカウントは守ることが可能です。
(現時点では)
 
 
 
Amazonアカウント閉鎖時の恐怖
これは私が体験し、一番よく分かっているつもりです。
 
 
 
だけど現状
Amazonを使ったビジネスが
 
最も効率良く、自由に稼げる
 
これも間違いないことです。
 
 
 
閉鎖したから
他のプラットフォーム行こう、
ではもったいないので
 
今後もうまくAmazonを使い
利益を出し続けるスタイルを貫こう!
 
そう感じています。
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP