【Amazon輸入】MyUSの運賃を安くする方法

こんばんは、中村裕紀です。

今回はAmazon輸入ビジネスには欠かせないものについてのお話させていただきます。

Amazon輸入ビジネスに欠かせないものとは?

私がAmazon輸入ビジネスを始めた頃に欠かせなかったものは「海外転送業者」です。

今でこそメーカー取引に特化し海外の転送業者は一切使っておりませんが

当時はMyUSというアメリカの転送業者を使っていました。

MyUSの運賃を安くする方法があります

アメックスカードを登録すると通常運賃の30%オフくらいになっていましたね!

ただこの運賃、実はもっと下がります。

なので、交渉した方が絶対いいです!

なぜ、こんなことを思ったか?というと私のコンサル生の方でメーカー取引を行いつつMyUSなどの転送業者も使っている方がおりもっと海外送料が安くなりませんかね?

と質問を受けたからです。

MyUSの運賃がまだまだ下がることを伝えるとビックリされていたので、シェアしようと思いました^^

私の場合だと交渉後にアメックスカード割引適用後の価格より10%程度下がった感じです。

量もそれなりにあったのでこれで一気に利益が上がったのを覚えています(笑)

MyUSの運賃がまだまだ下がる交渉方法とは?

交渉方法は簡単で

・違ういい会社を見つけたから乗り変えようと思っている

・送料が高いから、あなたのサービスをやめたいと思っている

などの理由付けをしもっと安くなりませんか?と配送料金をディスカウントしていくイメージです。

もちろんMyUSを継続して使っていることや量がある程度ないと、交渉しても下がらない可能性が高いですが

言うことは無料なので試しに交渉してもらえたらと思います!

まとめ

今回はMyUSというアメリカの転送業者の値段交渉のお話をしました。

MyUSを使っている方がいれば、ご参考ください!

 

★こちらの記事もオススメです。

→【amazon輸入ビジネスの利益率はどのくらいか?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です