Amazonのアカウント対策について

こんばんは、中村裕紀です。

セミナーアンケートの中で

もっとも関心の高かったものは

「Amazonのアカウント対策」についてです。

以前もお伝えしましたが

継続してAmazonビジネスをされるなら

今後必須課題となるでしょう。

私のコンサル生には

初回のスカイプ時にアカウントをもう一つ作ること

の意味や作り方などを徹底し、お伝えしています。

売上を立てるためにも

アカウント閉鎖のリスクを避けるためにも

今ひとつしかアカウントを持っていない方は

絶対にもう一つは最低でも作ったほうがいいです。

そのぐらい大事なことです。

アカウントが閉鎖してしまうと

そこから90日間の売上入金がストップし

何千点という商品を返送するコストもかかります。

また新しくアカウントを作ったところで

返送したものを一度にFBA納品してしまうと

閉鎖したアカウントと関連性が認められ

またまたアカウントが止まる、、ということも考えられます。

私の場合、アカウント閉鎖時には

一気に2つのアカウントを作り

両方に少しずつ商品を納品していきました。

そうすることで他の人よりも早くに

売上を回復することができたのかな、とも感じています。

ここら辺のアカウント対策には

私自身が一度閉鎖したこともあり

かなり色んな方から情報をもらったり

自分でどの線ならOKか?試行錯誤してきました。

なので、正直このメルマガでは

紐付かないアカウントの作成方法や

アカウントを作成するにあたっての知識や対策は

書くことはできません。

秘蔵性の高いものなので、コンサル生限定でお話しています。

ただ大先輩のHIRAIさんが

この辺のことについて語っています。

無料登録して

(1)Amazonから死の宣告→奇跡的な復活劇

だけでも見たほうが今後のためになるかと思います。

http://bit.ly/2fER8xA

これを私がアカウント止まる前に見ていたら

きっと何かしらの対策をしていたはずです。

Amazon甘く見ていたら、いつか必ず痛い目みます。

閉鎖した時の怖さや

復活にあたって重要なことを話されています。

http://bit.ly/2fER8xA

本日24:00付けで公開終了なので

見たい方は登録をオススメいたします!

本業でAmazonビジネスされてる方は特にです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です