中国メーカー対応策

こんばんは、中村裕紀です。

最近コンサル生の一人から

中国メーカーの対応策

について、よく聞かれます。

内容は

そもそもPayPalなどの

決済手段がなく

どうやって支払えばいいですかね?

ということと

中国メーカーが

日本へ発送したことがないみたいで

送料がバカ高くついてしまいます、、

どうしたらよいですか?

といった2点です。

一つ目の解決策は

ドルでの海外送金の方法

を私が知っている限り話しました。

ただ

Alipay(アリペイ)で支払って!

中国元での決済でないとダメ

というニッチな中国メーカーもあり

それについては

私のスタッフが対応して

「中国元」にて支払おうかな、と考えています。

ちなみに

Alipay(アリペイ)とは

中国のタオバオやアリババで

商品を買う際の決済手段のことです。

2つ目の

中国メーカーが

日本へ発送したことがないみたいで

送料がバカ高くつく、、、

については

送料を聞いて私も驚きました!

これでは利益が出ません。。

だけど

一旦、私の中国事務所を介して

商品を発送することで

利益が見込める状態まで持っていけました。

というか

中国メーカーの海外送料がぼったくり、、

もしくは契約料金にしていないのでしょう。。

今回コンサル生の話を聞いて

「これは面白いな」と感じました。

だって

中国輸入をしていない人は

・中国事務所を介して海外発送し、送料を抑える

・中国スタッフが対応して、中国元支払いにする

などの発想はなかなか出にくいのでは?

と考えたからです。

意外とこういったことで

差別化を図れるのでは、と思いました。

最近、中国人セラーが

Amazonを荒らしていて

「こいつらめちゃくちゃ強い、、」

と思っていますが

まだまだ

ニッチなメーカーは

荒らされていないので

狙い所ですね!

中国メーカーでなくても

こういったちょっとした工夫や

人が面倒くさかったり悩むところ

を頑張って解決することで

末長く利益の出る商品を扱えたりします。

もし今後こういった場面がありましたら

ふと思い出してみてください^^







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です