今が旬な交渉術

こんばんは、中村裕紀です。

前回に引き続き

新たに3社取引できるであろう

中国メーカーが見つかりました!

今スタッフが売れスジ商品をピックアップ中です。

ただメーカー交渉していて

最近ちょっと感じることがあります。。

それは

メーカー側が取引先を絞ってきている

ということです。

昨日とあるメーカーに交渉しましたが

日本ならあなたの会社の近くのここで買って

と日本代理店を紹介されました。

もう取引先を広げるつもりはないとのことです。

(たぶん私たちのようにAmazon転売もされている会社です)

独占販売権を取っているならわかるのですが

Amazonでも出品者が多いので

完全にメーカーが取引先を固定してきているな

と感じました。

自社の販売価格を崩したくないとか

ブランドイメージを守るために

取引先を固定することはよくあることです。

国内、欧米、中国問わず

メーカーというのはある程度の売上が立つと

大きな代理店を構え、そこに卸すことしかしなくなります。

メーカーから直接買おうとしたら

代理店を紹介されるケースってよくありませんか?

もちろんそうしていないところもありますが

上記のように代理店に販売権限を与え

回してもらうことはよくありますよね。

メーカーだってたくさんのお客さんの注文を取るのはめんどくさいです。

だから大きな代理店を置いて

そこに全部任せる方が楽なのかなと自分は考えています。

あとは商品の開発に力を入れることができるとか。

だけど考えてみてください。

仲介の代理店を置かれたら

メーカー

代理店

私たち

という流れになり

代理店の利益分の手数料を払うことになります。

一番いいのは

メーカー

私たち

のようにメーカーから直接卸してもらうことです。

話が長くなりましたが、、

今日お伝えしたいのは

「早いうちからメーカーと繋がろう!」

ということです。

今メーカー交渉はマストな時代になってきています!

メーカー交渉してないなんて考えられない・・

という時代です。

ライバルもガンガン増えています。

でも商品の需要というのは限られてるし

メーカー側もどんどん売れてきたら、自社商品の価値を更に大切にしてきます。

(売れるのはいいことですが、売れて販路が増えてきたら値崩れがどこかで必ず起きます。特にネット販売関連。それを防がないと会社自体つぶれるので必死になって価値を守るわけです)

商品価値を守るために

取引基準が厳しくなったり

ロットが課せられる可能性だってあります。

そうなる前に

他の人より一歩早く

とにかくメーカー交渉すること

を強くオススメします!

たぶんあと少ししたら

メーカー交渉って普通のレベルになってきます。

というか一般的に考えれば

メーカーから商品を買うことの方が普通です。

(私もこの思考になるまでかなり時間がかかりましたが・・)

ebayで商品を買って利益を出す

ことの方が普通でなく難しいようにも思います。

今のうちからメーカー交渉の数をこなし

その先にいってる人だけが

長く稼いでいけると確信しています!







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です