【Amazon物販】メーカー交渉をしている方必見!!交渉相手を間違えていませんか?

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

今日は特に国内のメーカー交渉をされている方に重要な情報です。

交渉相手を間違えていたらいつまで経っても価格が下がらないです。

相手を考え交渉すると格段にいいです!

それではお話しますね。

メーカー交渉の際に交渉相手をしっかり考えていますか?

交渉は

メールより電話

電話より直接会う

これが基本です。

ただ

担当より主任

主任より課長

課長より部長

部長より社長

これを考えたことはありますか?

私はけっこう考えています。

海外メーカーでも上の人と交渉するということは大事です

なぜなら担当レベルで話をしても何も変わらないからです。

一番は社長に交渉するのが手取り早いですよね。

もちろん初回取引の段階ではそのときの担当と仲良くなることを徹底しますがのちのちもっと上の方と話ができるよう仕向けます。

国内のみならず世界中で通用することかと思っています。

欧米輸入しかやっていない頃も

責任者と話がしたい

と言ってスカイプしたりしていました。

やはり上の人と話すのが、一番取引しやすく楽です。

今国内で既存の取引先がある方は今日お話したことを試してみてください。

きっといい結果に結びつくはずです。

出来る事なら社長に直に会って交渉する

めちゃくちゃ大きな1流メーカーなら相手にされないですが年商何十億ぐらいのメーカーなら社長に直に会えます。

社長に会いに行く人なんていないからこいつ面白い奴だなと思われきっと可愛がってもらえるはずです(笑)

少々タフでないとできませんが一から会社を立ち上げた社長さんの話を聞けるだけですごく勉強になります。

稼ぐヒントもたくさん与えてくれるのでオススメですよ。

ちなみに今日話したようなことをやってのけた男は今月収400万円を目指しているようです。

私でもチャレンジできないような超大手企業に自分のブランドを売りに行きました。

そして一蹴され、あのときは悔しそうでしたね。

ただそれ以来急激に利益が増加しています。

たしかあのときは月収50万円ぐらいだったのにもう月収250万円とか300万円レベルです。(あれから半年も経ってないのでは、、)

すごいですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はメーカー交渉の際の交渉相手についてのお話でした。

行動力=利益

この方程式は絶対成り立っています。

もしよければ今日のことチャレンジしてみてください。

それだけの価値は十分あります。

★こちらの記事もおすすめです。

→【amazon輸入ビジネス初心者が稼ぐために歩む道のりを公開

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。