Amazon転売で価格競争で困っている方へ【メーカー仕入れはいかがですか】

こんばんは、Amazon転売プレーヤー兼Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

メーカー直取引の商品は価格の下落が少ないように思います。

メーカー直取引は価格の下落が少ない理由

販売価格がメーカーより決められている場合もありますが決められていないものにおいても価格の下落が少なく一定の価格で販売される傾向にあると私は感じています。

なぜそんな現象が起きるかというとメーカーから直接商品を買う方々は自分が最安値で仕入れていると知っているからです。

一番安い価格で買っている自信があるからこそわざわざ価格を下げたりしません。

ライバルがいる場合もありますがその方の情報を見れば一目で「メーカー仕入れだ!」とわかるので価格を下げることに意味がありません。

ライバルもメーカー仕入れだとわかれば仕入れ価格は同じということになるので価格競争が起こった場合はお互いが赤字になり、メリットがありません。

そのため価格が保たれているケースが多いです。

例えば

ebay
Amazon.com

などで商品を買った場合自分が最安値かどうかの判断は難しいです。

メーカー直仕入れは最安値が明確にわかる

A:メーカー

B:卸・問屋(代理店)

C:小売(ebay、Amazon.comセラー)

D:私たち

上記のように商品は流れていきますがBかCで商品を買った場合はその方々がいくらマージンを取るか未知です。

多いとこもあれば少ないところもあるでしょう。

逆にメーカーから直接買ってしまえばそのようなことは起きません。

購入金額や個数によって割引率は違うかもしれませんが上限はどこまでなのかを教えてくれます。

なので最安値はいくらか明確にわかります。

卸・問屋(代理店)や小売(ebay、Amazon.comセラー)で買った場合

自分が最安値かどうかの判断ができないため

「いかに早く売るか」

が一つのポイントとなってきます。

クレジット期限を用いた販売方法ならなおさらですよね。

そのため価格競争が起こってしまいます。

B、Cなどでしか買えない商品も存在しますしそういったものを扱うことで利益も出ます。

ただ手っ取り早く長期的に稼ぎたいならやっぱり断然メーカー直仕入れです。

まとめ

価格競争を避ける手段としても

「メーカー仕入れ」

考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみにメーカー仕入れの最安値をもっともっと徹底的に下げることが「メーカー交渉」であると私は考えています。

自分一人だけの価格を手にするこれが最終目標ですよね!

★こちらの記事もオススメです。

amazonのメーカー仕入れはメールの数量をとにかく増やすだけではダメですよ

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。