マイナスなオーラを放つ良い人

こんばんは、中村裕紀です。

 
オンラインセミナーに
申し込んで頂いた方には
10/3に内容をご返信しております!

ご確認ください^^

 
また参加表明したにも関わらず
それ以降の連絡がない方がおります、、

セミナーの準備もございますので
その方々については
10/8までにご返信ください。

それ以降の返信は受け付けません。

 
何かございましたら

info@nakamura03.com

までご連絡ください。

 
 
 
さて
環境が大事というけれど
やっぱり環境って大事で

その辺をここ数か月で
改めて意識しだしております。

 
例えば
マイナスなオーラを放つ人がいれば
こっちがプラスでも
相手に引き込まれてしまいます。

だから
マイナスなオーラを放つ人には
自分からは極力近寄らないようにしています。

 
マイナスオーラは強い力なので
知らず知らずに引き込まれてしまいますから、、

マイナスなオーラを放つ環境が
あなたが働く職場だったら、超まずいですよね。。

だって毎日そこで働かなければなりませんから。

 
ただ私の場合も
独立する前の職場環境は
あまり良くなくて

利用者さんの愚痴や
社員とパートさん間でのいざこざ
誰かに頼って働こうとする姿勢
自分に被害がないように見て見ぬふりすること

などなど
決してプラスな環境ではありませんでした。。

 
だからこそ
会社を辞める前は
なるべく汚染されたくなくて

昼食は一人で食べたり
意味のない飲み会や付き合い
定時を過ぎたミーティング、残業
自分頑張ってる感を出している愚痴の言い合い

は一切関わることなく、嫌われ者になりました(笑)
嫌われ者というか孤立していた感じです。

 
ちなみにですが
それまでは期待されていましたw

が、辞めるとなれば
手のひらを返されるわけです。

怪しい仕事をしている
と思われたかもしれません。

 
まあでも今は
辞めて正解だったと思いますし
マイナスな環境もほぼなくなりました。

なので、
過去のことは別にもういい、という感じですw

 
 
あと注意点としては
このマイナスオーラを放つ人は
良い人にもいるわけで

マイナスなオーラを放つ良い人が
一番厄介だ、と個人的には思っています。

良い人だから力になってあげたいですから。

 
でもそこは
成長したいなら断つべきだ
と今は思います。

 
冷たいとか
厳しいとか
思われるかもしれませんが

力になってあげると
このオーラをかもし出せば助けてくれる
みたいになるので、その人のためにも良くないです。

 
 
ちょっと今日の話は
抽象的な話になってしまいましたが

自分が最速で成功できる一番の環境
をあなたには作ってほしく、このような話をしました。

 
 
私も日々注意し、行動しようと思います!!!
 
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

明日から北海道へ出張です!

物販仲間のみんなにも会えるし
美味しい料理も食べれるだろうし

今からワクワクしております^^

あとは寒くなければ最高ですが、、
寒いのだけはダメなんです。。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP