Amazon本体がいる場合の考え方

こんばんは、中村裕紀です。

 
Amazonビジネスを行なう上で
一番の驚異は

・Amazon本体が商品ページに入ってくること
・Amazon本体が商品ページにいること

だと考えます。

 
特に国内メーカーの場合は
Amazon本体が入ってくるケースが
海外メーカーより多く、私はこれにかなり困った時期がありました。。

(狙われているのかな、と思ったぐらいですw)

 
Amazon本体が入ってくる場合は
メーカーと直でやっているのか?ベンダーなのか?

その辺がポイントですね、
まあいずれにしても不利益を被りますが、、

 
 
ここでよく質問がくるのが

「メーカーの全ての商品を見た時に、一部の型番商品はAmazon本体がいるけど、一部はいない、、そんな時どうするの?」

というものです。

 
 
ここは難しいですよね、、

だってそのメーカー商品に
一部Amazonがいるということは
他の商品に移ってくる可能性もあります。

そのため、取引するのを迷うかもしれません。

 
人によっては怖いから
そのメーカーとは取引しない!
というのも正解だと思います。

 
ただ一方で
いくら待ってもAmazonが入ってこないw
そんな商品もあります。

ここを逃すのはどうでしょうか?
あなたならどう考えますか?

 
 
私的にはAmazonが一部いても
いない商品で利益が出るなら、取引してもいいのでは、と思っています。

 
注意点としては
Amazonがこっちに来る可能性もあるので

在庫を多く持ちすぎない
必ず売り切れる量、もしくは少量販売に徹する!

ということが大事だと。

 
 
そして仮にAmazonが来たとしても
上記の基準を守って仕入れを行なっていれば、そこまで怖くはないと思います。

Amazon本体がいるから
商品が売れなくなるわけではありません。

大幅に値下げすれば売れるし
はたまた1円下げただけでカートが取れ売れる商品もあります。

 
私たちのビジネスで
気を付けなければならないのは

赤字になることではなく
商品が売れなくなることです。

赤字は少なからず必ず発生します、
トータルで黒になればいいんですね。

 
 
Amazonという
プラットフォームで商売する以上
今日お話した内容は
少なからずあなたにも関わることです。

それを防ぐためには
独占かOEMという感じです。

 
 
でも、一番早く稼げるのは
やはり被せる、人の商品に相乗りすることだと思うので
Amazonの驚異を意識しながらビジネスしていきましょう^^

Amazon本体をそこまで怖がる必要はないかとw

 
 
今日の話があなたのお役に立てれば幸いです。
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP