Amazonだけで稼ぐのは厳しいですか?

こんばんは、中村裕紀です。

 
今日は読者さんから
Amazonだけで稼ぐのは厳しいですか?
という質問があったので、

それについて
私の考えを話したいと思います!

 
私は今Amazonだけで、利益を上げています。

 
もちろん過去には

・自社ネットショップ
・ヤフーショッピング
・楽天
・ヤフオク
・モバオク

などなど
様々な媒体で商品を販売していたので
よく分かるのですが、

やはり
早い段階で利益が出せて
なおかつ自由が利く媒体は
Amazonなのかな、と思っております。

 
あと副業の方は
Amazonでなければ厳しい、、
そう言ったこともあると思います。

 
配送回りや
返品の対応
電話対応など

諸々の仕組みが整っていて
Amazonはやはり便利だと感じます。

 
 
私が一番よくないと思うことは
Amazonだけで稼ぐのは厳しいですか?

という質問が来る方ほぼ全てが

・Amazonでは稼げないから、違う媒体に行こう
・Amazonはアカウント閉鎖リスクがあるから違う媒体に行こう

などの安易な考えをもっていることです。

 
 
Amazonで稼げなかったら
おそらく違う媒体に行っても稼げませんし、

Amazonのアカウント対策すらできないなら
他の媒体に行っても、いずれは潰れるでしょう。

 
自社ネットショップにしてもクレーム対応とか
その辺はかなり大変です。。

身をもって体験していますし
Amazonのアカウントを復活させる方が
よっぽど楽です。

 
 
というわけで
諸々書きましたが、、

まだAmazonで稼げていないなら
まずはAmazonで自分の思う利益が出るまで
頑張った方がいいのではないかなー、と思います。

せっかく積み上げてきたものもありますし
Amazonだけでも十分稼げます、そんな人だらけです。

 
 
もちろん楽天や自社ショップなどは
商品を売るスキルが高い方が多いので
その辺は私も学ぶことだらけです。

いつも勉強していますし
逆にすごいなーと思うことだらけです!

かなり色んなこと考えていますね。

 
あと楽天や自社ショップの売り方は
何か情報発信とも似ていて
その辺の考え方や戦略立ては、すごく面白いですw

情報発信のスキルが
もっと高まれば
商品を売るスキルも、もっとすごくなるはずです。

なので、情報発信は
最終的には物販に生きると考え
日々頑張っています!

 
 
少し長くなりましたが、
Amazonだけで稼ぐのは厳しいですか?

私の答えはNOです^^

 
まずAmazonで頑張ってもらって
そこからは自分の方向性もあるので
好きに動いていいと思っています!

 
 
あなたのご参考になれば幸いです。
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

商標権ってややこしいですね、、

この辺は海外メーカー取引だと
特に重要ポイントなので
しっかり知識をつけていきたいと思います!

なかなか難しい質問も
コンサル生から来るので、
それにもしっかり対応していきたいです!!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP