給与を50万円に設定したら、いくら引かれるか?

こんばんは、中村裕紀です。
 

先日こんな話をしました。
http://amzn.to/2futxj8
 
 
法人化した後の話ですが
興味のある方も多かったようです。
 
 

それでは、本日は早速
自分の会社の給与設定を50万円にした場合
 
いくらぐらい引かれるのか?

を説明していきます。
 

自分の給与を50万円に設定した場合、下記の二つが引かれるわけです。
 

・健康保険組合や全国健康保険協会
・国民年金+厚生年金
 

引かれる割合は
もちろん給与によって異なります。
 
 

この表をご参考ください。
(愛知県のものです)
http://bit.ly/2eu42Mo
 
 

これの50万円のところに目を向けると
 

健康保険:24925円

厚生年金:45455円
 

になっているかと思います。
 
 

上記の金額を50万円から差し引き
自分の個人口座へお金を送金します。
 
 

なので
実際に入金される額は
 

「429620円」
 

という形ですね。
 
 

さらに詳しく説明すると

給与に対する所得税も
支払わなければならないので

上記より少し低い額の入金額になってしまいます。
 

扶養している人数
によって引かれる額が変わるので
ここでは控えますが、下記の表の額を差し引きます。

http://bit.ly/2eE2IJY
 
 
 

これだけでも
結構差し引かれているわけですが

実はこれ個人の分だけです。
 
 

会社と個人の両方に
 

健康保険:24925円

厚生年金:45455円
 

こちらが差し引かれるので
 
 

自分の会社だし
 

合計「140760円」
 

上記の金額を国に納める感じですね。
 
(所得税入れたらもっとですが)
 
 

これを1年間にしたら
 

合計「1689120円」
 

になってしまいますねw
 
 

その他、法人と個人の住民税やら
法人は3期目から消費税取られたり
事業税と言うのもありますし

利益が出たら、
その分は法人税として、支払う義務があるので
 
 

何だかんだで
かなりの額、国から取られてしまいますね。。
 
 

また利益が出ていたら
当然支払える額を国も定めていますが

我々は物販やっているので
お金が在庫に回っている可能性もありますよね。
 

そうなると黒字・・ってことにもなりかねません!
 
 
 

給与を控えめにし
その分を法人税で支払う

給与を多くとって
法人税はできる限り支払わないようにする
 

どっちがいいの??
 
 

この辺のこともありますが
これはまた次回か機会があればお話いたします^^
 
 

とりあえず
法人化して最初の給与設定は

今日お話したことも頭に入れ
最適な給与に設定することをお勧めします。
 
 

よければご参考ください!
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

事務所のレイアウトをガラッと変えてみました!

いつもより広くなった気がしますw

これで仕事がはかどること間違いなしです(笑)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP