メーカー取引にDHLやFedexなどのアカウントは必要か?

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
つい昨日読者さんより
下記のメッセージを頂きました!
 
 
(名前のところのみ修正を加えてあります)
——————————————–
お世話になっております。
以前も一度ご連絡しました◯◯と申します。
 
毎日ブログ、メルマガ楽しみに拝見しております。
現在メーカー取引の準備を着々と進めています。
中村さんの動画をもう何度みたかわかりません(;´∀`)
良い結果がでたら是非ご報告させてください。
 
一つ質問があるのですが、メーカー取引にDHLやフェデックスなどのアカウントは必要でしょうか?
もし必要があるならばどこの業者がオススメですか?
 
中村さんの経験をご教授頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。
———————————————-
 
 
このご質問に対しての
私としての回答は下記となります。
 
 

 
 
————————————————
◯◯様
 
お久しぶりです!
 
いつもありがとうございます^^
 
 
一つ質問があるのですが、メーカー取引にDHLやフェデックスなどのアカウントは必要でしょうか?
もし必要があるならばどこの業者がオススメですか?
 
 
上記のご質問ですが、特段必要ございません。
 
海外へ商品を売ることを視野に
メーカーも動いているので、
大体のメーカーは自分の配送レートを持っています。
(それが高い場合も安い場合もありますが、ロットを買えば安くなるパターンが多いです)
 
なので、ご安心ください^^
 
 
あと追加でお伝えすることは
配送レートを自社で構えていないメーカーもあるので
そこは自分でアカウントを作る(FedexかDHL)もしくはその国の代行業者に頼む
(私の場合だと中国メーカーは自分の事務所に送ってもらうなどの、対応をしているメーカーもございます)
のような必要を迫られる場合があります。
 
ただAmazonで被せて売るようなメーカーは、
ほぼ自社の配送レートを持っていると思うので緊急ではないです。
 
 
もしよければご参考ください!
 
よろしくお願いいたします。
 
中村
————————————————
 
 
今日の内容は
メーカー取引を今後始める
皆さんにとっても気になる内容かと思います。
 
 
物販の最終目標的には
DHLやFedexなどのアカウントを作成する
必要があるかもしれませんが、
 
Amazon上で売られていて
ライバルに被せて売るようなメーカーは
メーカー自体も日本人との取引経験があるので
特別な手続きをすることなく、日本へ発送可能です。
 
メール送って、
相手メーカーとやり取りすれば、すぐ分かると思います^^
 
 
 
今日の話があなたの参考になれば幸いです。
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

妻の風邪が娘にうつってしまいました。。

幸いそこまでひどくないですが、まだ小さいので気になります。

季節の変わり目で
気温差も激しい気がするので
皆様もお体には十分気を付けて下さい。。

妻と娘が風邪ということで
私と息子で協力して頑張りたいと思います!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP