Amazon転売における資金繰りの課題

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
昨日読者さんから
下記のようなメッセージを頂きました。
 
 
 
(一部分を抜粋しております)
—————————————–
 
セミナー後すぐにメーカー交渉に取り組んで、
7~8社コンタクトして、3社から購入ができました。
 
これも中村さんのアドバイスのおかげで
たいへん感謝しておりますm(__)m
 
 
メーカーから買った故に悩みが2点あります。
 
最低購入金額を満たすために売れない商品もたくさん購入しました。
いつ在庫をはけるんだろうか・・というのが1つ。
 
——————————————–
 
 
 
セミナーの内容を実践し
「7~8社コンタクトして、3社から購入」
というのは、素晴らしいことですね^^
 
私としても大変嬉しいです!!
 
 
ただ
 
「最低購入金額を満たすために売れない商品もたくさん購入しました。」
 
「いつ在庫はけるんだろうか・・」
 
ココが今後の課題かと思います。
 
 
メーカーと取引したいがために
最低購入金額(ロット)を満たさなければならない、、
 
メーカー取引あるあるですね!
 
私も一時期悩んでいました。。
 
 
 
だけど
 
メーカーは商品を売りたい
それを私たちは買っている
 
あくまで私たちと
メーカーは対等の関係であるべきです。
 
 
よくメーカーから
買わせてもらっている感を
出す方もいますが、それはあまり良くないです。
 
いいメーカーならいいですが
もっとガツガツしたようなメーカーだと
完全になめられてしまうので。
 
 
あくまで対等
自分が買えない数量だと思うなら
 
「これでは買えません、数量を下げてください」
 
と伝えるべきです。
 
 
 
Amazon転売を
長期にわたり続けたいなら
利益を出すことも重要ですが
 
自分の資金といかに向き合うか?
 
資金繰りを考えることが、とても大切です。
 
 
私もこれは常に考えています。
 
 
 
なので
言い方は悪いですが
 
メーカーの言いなりになるのではなく
まず自分の思いを伝える
交渉してみる!ことが必要だと思っています。
 
 
 
交渉すると
ロットを下げてくれるとこ
下げてくれないところも、もちろんありますが
 
下げてくれなければ
自分の計算に合わないのだから
次に行けばいいと思います。
 
例えば資金ができた時に
チャレンジしてもよいでしょう。
 
メーカーはいくらでもあるので、
頑張って自分に合うメーカーを探せばいいです。
 
 
 
大体のメーカーは
初回に最低ロットを提示してきます。
 
その提示を全てのんでいたら
資金がいくらあっても足りないです・・
 
 
そこだけは注意してほしくて、このメルマガを書きました。
 
 
あなたの参考になれば幸いです。
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

昨日は七夕でしたね!

雨の降っていない七夕は、なんか久しぶりでした^^

息子と娘は、一日中甚平を着て過ごしていました!

いやー夏ですね、花火大会も今月あるみたいです! 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP