Amazon輸入「商品の真贋について」

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
先ほどコンサル生の方より、下記のメールが来ました!
 
 
———————————————-
実は、商品の真贋についてお客様よりクレームが入り、
セラーパフォーマンスチームから審査が入りました。
レビューも荒れています。
真贋については、自信があるのですが、並行輸入品の為、
説得力のある証明が出来ない状況です。
 
つい先ほども、別のお客様より、電話がございました。
レビューを見て、真贋について、不安に思ったようです。
 
この商品は、バリエーションが数種類あり、
まだ在庫も多数ございます。
 
こういったケースで、アカウント閉鎖になる事例をご存知でしょうか?
————————————————
 
 
これはAmazon輸入をされている方なら
 
一度は経験したことがあることではないでしょうか?
 
 
私も経験済みです。
 
 
 
ただ、こういった問題をなめてかかると
 
あとで大変なことになります。
 
 
私の友人はこういった事が積み重なり
 
いきなりアカウントが閉鎖した、、という方もいます。
 
 
 
Amazonはお客様が命なので
 
正直私たちのことなんて二の次です。
 
 
厳しいこと言ってるかもしれませんが
 
アカウントが閉鎖したら、かなりクールに対応されます。
 
何言っても、どううまく説明しても聞いてくれません。。
 
 
 
 
なので、
 
こういった時の対処方法は
 
 
全く紐付いてないアカウントを作り
 
そちらで販売する!
 
 
これが一番最適な方法かと思っています。
 
 
これなら万が一のことが起きても安心だし
 
ストレス抱えることなく、商品を販売できます。
 
 
 
もちろん商品を買った販売店に
 
証明書を作成してもらったり
 
偽物でない、という証拠を揃えることは大事だと思います。
 
 
 
だけどAmazonは
 
 
お客様>>>>>>私たち
 
 
みたいな感じなので、徹底した対策が必要です。
 
 
 
今やアカウントを2つ持つことは
 
すでに当たり前のレベルになってきています。
 
 
また先日も言いましたが
 
アカウントリスク対策が
 
Amazonで稼ぐためには必須項目です。
 
 
 
アカウントを2つ持てば
 
今少し怖くてできないこともチャレンジできるし
 
精神的にも余裕が生まれるはずです。
 
 
 
今後もAmazonをうまく利用した
 
ビジネスをしたいなら
 
 
お客様>>>>>>私たち
 
 
この方程式は頭に入れ、行動した方がよいと思います。
 
 
 
アカウントが止まったことがない方は
 
そんなこと言っても大丈夫でしょ!
 
とか思うかもしれませんが、、マジでやばいです・・・
 
 
 
コンサル生の話を聞き
 
これは絶対伝えた方がいい!と思ったので
 
シェアさせて頂きました。
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

今週末、中国輸入者向けの内容で

メーカー仕入れに特化したセミナーをします。

先日行ったセミナーの内容を

色々組み替えたり見直しながら、やっと昨日資料ができました!

うまく中身を伝えることができたら、と感じます^^
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP