利益率8%の商品について

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
 
今日はある一人の
 
コンサル生から質問のあった
 
仕入基準についてお話したいと思います。
 
 
 
タイトルにもある
 
利益率8%の商品についてです。
 
 
 
いきなりですが
 
皆さんは仕入れる段階で
 
仮に利益率8%の商品があった場合
 
どういった対応をとられますか?
 
 
 
 
参考までに
 
下記をクリックして頂けると嬉しいです^^
 
(私の過去メルマガに飛ぶだけです)
 
 
 
 
利益率8%の商品があった場合
 
 
 
 
 
仕入れる派
http://bit.ly/2fhZE7b
 
 
 
 
 
仕入れない派
http://bit.ly/2fhZE7b
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私の場合は「仕入れる派」ですが
 
コンサル生の仕入表などを見ていると
 
 
利益率10%を下回ると
 
有無を言わさず、仕入れない!
 
 
という方が多いように思います。
 
 
 
 
たしかに
 
そういった基準を設けることは
 
とても良いことだと思いますが
 
 
 
仕入れない!と判断する前に
 
その商品の回転率や
 
交渉の結果、卸値が下がり
利益率が上がる可能性がないか?
 
を検討した方がよいです。
 
 
 
なぜかというと
 
そういった商品は
 
おいしい商品に化ける可能性があるからです。
 
 
 
 
 
Amazon転売を行っている方を
 
全体的に見ても
 
私の経験上、利益率10%を下回る商品は仕入れない、、
 
という方が多いので
 
 
この利益率8%の商品は
 
けっこう狙い目だと私は思っています。
 
 
 
 
かなり回転する商品もありますし
 
利益率8%だから諦めて
 
交渉すらしない方が多いので
 
 
そこを目掛けて私だけ交渉すると
 
場合によっては5〜10%ぐらい、卸値を下げてくれたりします。
 
ここまでいくと、あとは自分の独壇場です(笑)
 
 
 
 
「いかに人と違うことをして稼ぐか」
 
この差別化が物販のポイントだと思うので
 
ぜひ他の方がやっていないような
 
ちょっとした努力をすべき、だと考えます。
 
 
 
皆んなと同じことをしていたら
 
価格競争やリサーチ地獄に陥るので
 
少しだけ違うことをすれば、もっと稼げると思います。
 
 
 
 
実際に稼いでる人の話を聞くとき
 
その人なりのちょっとした工夫というか
他の人と少し違うことをしているな
 
というところを探ってみると面白いです!
 
 
 
 
そういった意味でも
 
このセミナーやっぱりオススメです。
 
 
http://bit.ly/2engLp2
 
 
HIRAIさん、差別化がすごく上手なので!
 
情報盗んで私の物販にも取り入れようと思います(笑)
 
 
自分にはない考えを吸収できるので
 
Amazonだけやってる人も勉強になりますよ、きっと。
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

今日は妻と妻の友人と一緒に

ママの文化祭というものに行ってきました!

私は少ししか立ち寄らなかったですが

色々あって面白い感じでした^^

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP