ライバルの在庫数から仕入個数を判断

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
 
前回の
 
超無難な仕入個数の計算式
 
意外と好評だったようです!
 
 
もし仕入個数に迷いがある方は
 
ぜひ試してみてくださいね^^
 
 
 
 
それでは本日は
 
「ライバルの在庫数から仕入個数を判断」
 
をお送りします!
 
 
 
私は前回の計算式の他に
 
ライバルがどのくらい在庫をもっているか?
 
をよく確認します。
 
 
 
例えば前回と同じこの商品
 
http://amzn.to/2fuVkDu
 
 
 
ライバルはどのくらいの
 
在庫数をもっているのでしょうか?
 
 
 
在庫数の確認方法
(一人の出品者に対して)
 
 
カートに入れる

カートの編集

数量10+をクリック

999の値を入れ更新ボタン
 
 
(15000円で売ってる方は
 
 たぶん損切りなので
  
 今回は15480円で売ってる方の
 
 在庫数を確認したいと思います)
 
 
 
 
 
すると、、
 
こんな風に在庫数が分かります!
 
http://bit.ly/2fL9uzc
 
 
 
 
これだけの数をもっている
 
ということは
 
この商品は確実に売れるな!
 
と想像がつくと思います。
 
 
誰も売れない商品を
 
大量に買わないと思うので
 
これを見れば安心ですよね。
 
 
 
 
ただ注意点として
 
パワーセラーだと
 
2ヶ月分とかをまとめて仕入れる方も
 
中には存在します。
 
 
 
なので
 
ご自身の資金量に合わせて
 
プライスチェック
モノレート
在庫チェッカー
 
ライバルの在庫数
 
などを確認し
 
仕入を行う、というのがベストです!
 
 
 
実はこの方法
 
プライスチェックなど
 
ツールに反応しない商品を仕入れよう
 
と思っているときに有効な手段です。
 
 
 
ランキングが悪いもの
 
ツールに反応しないものでも
 
売れているものって
 
実際ありますからね。
 
 
 
ランキングが悪いのに
 
ライバルがたくさん在庫をもってたら
 
それを狙って少し買ってみる!
 
というのも全然アリだと思います。
 
 
 
 
もしよければご参考ください!!
 
 
 
私がまだAmazon転売を
 
始めたばかりの頃は
 
よくこの方法を使って
 
自分の仕入不安を拭いさっていました(笑)
 
 
 
覚えて損はない、使える方法です。
 
 
 
 
PS
 
明日からタイ(バンコク)に出発します!
 
そのため
 
金曜日のメルマガはお休みいたします。
 
また来週月曜日から
 
フレッシュな情報をお届けします!!!
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

そういえば

タイから帰国後

すぐに福岡へ行きます。

(11/19〜20です、コンサル生とも会うので楽しみです!)

仕事とはいえ家を開け過ぎなので

その後は一層

家庭のことを協力できたらと思っています。

子どもが二人いると

一人のときの3倍以上大変な感じです。。

まあかわいいのでいいですが^^

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP