とりあえず言ってみる

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
つい先日コンサル生とスカイプした際
 
 
あるメーカーと取引はできたのですが
 
アメリカ国内の送料がかなり高くて利益がでないです、、
 
これがなければいいのですが。。
 
 
という相談を受けました。
 
 
 
何やらオンライン上で
 
シュミレーションすると
 
アメリカ国内の送料(アメリカ転送会社までの送料)が
 
バカ高くつくとのことでした。
 
 
 
 
そこで私は
 
 
アメリカ国内の送料が高くて利益がでない。
 
まとめて買うから送料を安くできませんか?
 
という風にメールを直接メーカーに送信してみてください!
 
 
とアドバイスさせて頂きました。
 
 
 
 
すると数日後コンサル生の方より
 
 
スカイプでお話させていただいた
◯◯◯というメーカーの送料ですが
メールしたところ安くなりました。
 
あのシミュレーションの金額はなんなんやという感じでした。
 
 
とあっけにとられた連絡がありました^^
 
 
 
 
実はなぜこんなアドバイスができたか?
 
というと、、、
 
私も他のメーカーや米国ネットショップでの
 
商品購入時に同じようなことを経験したからです(笑)
 
だからすぐ分かりました。
 
 
 
ただですね
 
ここでメーカーや米国ネットショップに交渉せず
 
諦めている方ってけっこういるのではないでしょうか?
 
 
 
 
私は今までこういったことを
 
何度も経験していますし
 
送料をぼったくるようなメーカーや
 
海外ネットショップなども実際存在します。
 
特に中国系は危険です。
 
 
 
そういったときは
 
「とりあえず言ってみる」
 
ということを忘れないでください。
 
 
 
私の場合だと言ったあと
 
実際の海外送料と
 
請求してきた送料との差額を
 
次回の購入時に差し引いてくれる
 
という例も現在あります。
 
 
 
1回で80ドルくらい
 
差し引いてくれるので
 
逆を言えば
 
80ドルぼったくられてる、、
 
という考えもできます。
 
 
 
もし海外送料や
 
アメリカ国内の送料が高くて購入できない、、
 
という方がいれば
 
今日のこと実践してみてくださいね!
 
 
 
ほぼほぼの方が諦めてるはずなので
 
そこがうまくいったら
 
ブルーオーシャンかもですw
 
 
 
本日の記事があなたのお役に立てたら幸いです。
 
 
 
 
 
 
ちなみにですが
 
MyUSの海外送料も
 
アメックス割引きより更に安くなります。
 
 
それも
 
とりあえず言ってみる
 
の精神から交渉した結果です。
 
 
 
今はメーカー取引に特化しており
 
使っていないですが
 
頻繁に使っていた頃は
 
他の方よりかなり安かったです。
 
 
そこだけで
 
利益がでない商品も
 
利益がでたりします。
 
 
 
自分の思い込みだけで
 
無理だと決めてかかるのはよくないので
 
ぜひぜひ何でもチャレンジしてください!
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

Amazonから

お金を借りませんか?

という怪しい通知がきておりました。

金貸しまでやってるのか?!

と少し驚きました(笑)
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP