Amazonポイント合戦始まる

こんばんは、中村裕紀です。
 

Amazonポイント合戦がかなり激しくなっているようですが
皆さんはいかがでしょうか?
 
 

私は価格の改定を任せていた部分もあるので
Amazonポイントに関してそんなに関心がなかったのですが
カート獲得率にAmazonポイントがかなり影響することが分かってきました。

ポイントだからと甘く見ると、かなり痛い目を見ますね。。
 
 

ポイントを使っているセラーと
ポイントを使っていないセラーだと
明らかにポイントを使ってるセラーの方がカート獲得率が高いです。
(当たり前のことですが)
 
 

ポイントだからと思わず
普通に販売価格を下げる時の金額と同じくらいの価値がある
と考えてもいいかもしれません。
 
 

新しい在庫管理画面だとポイントについてよく分かりますが
もし古い在庫管理画面を今も使っている方がいれば
他のライバルにポイントを使われてカートを獲得できていない可能性があります。
 
 

私も昨日価格改定を自分でしながら
他のセラーがポイントを使っているのに
全くポイントを使っていないセラーがいて
それでカート取れていないのだなと思う方が数名いらっしゃいました。
 
 

またメーカー直仕入商品などは
メーカー側から価格を一律にするよう言われているものもありますが
そこでもポイントを使ってカートを取ろうとするセラーが出てきました。
 
 

たぶん価格はメーカー側から言われたものをしっかり守っているので
ポイントを使ってもメーカー側は何も言えない状況に仕立てているのだろうと思いますが。。
 
 
 

ポイント合戦が始まっている商品は
ポイントを他のセラーに合わせる形で自分で付けたものの
これではいつまで経っても価格競争は終わらないな、と感じた次第です。
 
 

逆にAmazonはそこまで考えて
ポイント制度をつくったとしたら、すごいですね。
 
 

もしポイントについて今日の記事に思い当たる節がある方は
全くカート取れていない可能性があるので、カートの獲得率を確認してみてください。
 
 
 

カート獲得率の見方は下記です。
 
 

セラーセントラルトップページ

レポート

ビジネスレポート

(子)商品別詳細ページ 売上・トラフィック)
 
 

カートの獲得率を見られたことがない方は一度見てみてください。

自分が扱っている商品のことがよく理解できると思います。
 

本日の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com
 
 
~編集後記~

今月に入り2社と新しくメーカー契約を交わしました。

どちらもなかなか入りづらいカテゴリーで
1つのメーカーは役所に取扱手続きみたいなものを
申請しに行ってきました!

取引実績に応じて今後の卸価格も相談に応じてくれる
とのことですので、ガンガン売り捌こうと思っています!

卸価格は順調に商品を購入できれば
利益率40%程度は見通しできるので、これは面白そうです。

人と違うことをする
(ここでは他の人が敬遠するようなカテゴリーを扱う)
ことは改めて大切なことだと感じています。

Amazon転売に慣れてきたら
こういった方法で差別化するのもありだと感じています。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP